座って、横になって、子規の目線になれる唯一の史跡・・・根岸子規庵

最新情報

2018年04月28日

「若葉の子規庵」最後の企画が決まりました。

「若葉の子規庵」の最後の企画が決まりました。

色々と外部からの企画を頂きましたが、最後の企画は保存会メンバーから自分たちも何かやりたいとの意見に、急遽企画を立てました。

 

   朗読「飯待つ間」

   開催日 平成30年5月25日(金) 時間  随時

 

子規の随筆集『飯待つ間』の中から、子規庵保存会の役員による朗読をお届けいたします。

その文章が書かれた場所で、それを読むという、ある意味贅沢な企画です。

作品や時間はお客様次第の緩やかな朗読会です。ご希望があればお客様の朗読参加も考えます。一緒に子規の世界にどっぷりと浸りたい方、25日お待ちしております。

2018年04月28日

「若葉の子規庵」第四弾イベントのお知らせ

   小さなシンポジウム「律と子規」

   ~子規家族の介護から考える現代の介護事情~

   開催日 平成30年5月26日(土)  午後2時

   司会  NPO法人シンプルライフ&ケアカウンシル理事長 佐久間理央

 

病牀の子規を24時間介護した妹律。なぜ律は献身的に兄の介護をしたのか、できたのかを子規庵役員との座談形式で進めながら、現代の介護を考えます。

 

[NPO法人シンプルライフ&ケアカウンシル]

益々深刻となる高齢者社会に介護に携わる人や企業、介護を行う家族のサポートを目的に2017年に設立しました。介護・老いの問題を通し、改めて地域や福祉に関心を持つことこそ、未来が輝く社会の礎となっていくと考えます。そのために私たちができること、『ケアする人のためのケア』を皆さまと共に考え、実践してまいります。

 

病気に苦しみながらも近代俳句・短歌の革新に邁進した子規を支えた律。24時間子規の看病を続けた子規の家族に現代の我々は何を学べるのか。また、律の負担は現代ではどのようにサポートできるのかを、介護人サポートの立場のNPOと考えます。

 

5月は母八重、妹律の命日のある月です。子規庵は子規だけでなく、子規の家族にとっても終の棲家となった場所です。子規庵保存会設立90周年にあたり、初代会長の正岡律に敬意を表し、小さなシンポジウム「律と子規」を企画いたしました。

 

2018年04月28日

「若葉の子規庵」第三弾イベントのお知らせ

若葉の子規庵第三弾イベントが決まりました。

「第2回 根岸糸瓜座」 活弁と紙芝居 

  ~山城秀之ひとりのビックショー~

開催日 平成30年5月19日(土) 開演 18:00  

会費 1,500円 (中学生1,000円 小学生500円)

 

子規が、行ってみたいと願いながら体調不良で浅草に行くことが叶わなかった活動写真。

子規庵の病床にスクリーンを設置し上映致します。

【上映予定】

アニメーション 「こわいものしらず」

  コメディ 『チャップリンの準備運動」

コメディ「キートンのマイホーム」他

特典試写 昭和40年代半ばの都電と京都市電風景

 

昭和40年代半ばの都電や京都市電の風景が「若葉の子規庵」特典試写として鮮やかに蘇ります。電車ファンの方も必見です。

 

〇山城秀之【活動写真弁士・紙芝居屋】

山口県生まれ。1996年ごろより街頭紙芝居屋として新横浜ラーメン博物館などで活動する中、現在の師匠澤登翠の活弁ワークショップに出会い、サイレント映画にセリフや語りを入れる活動写真弁士の存在を知る。

2010年、弟子入り。翌年弁士デビュー。現在、無声映画鑑賞会(マツダ映画社主催)を中心に様々な上映会・イベントに出演。

 

2018年04月27日

子規庵「若葉の子規庵」イベント企画のお知らせ

子規庵「若葉の子規庵」イベント月間の企画が出そろいました。

①パネル展示「陸羯南と正岡子規」

期間 平成30年5月2日(水)~ 5月31日(木)

子規の人生と生活を支えた「新聞日本」社長の陸羯南。羯南の仁愛の心に応えて近代文学の革新を行った子規の交流を、羯南の故郷青森県近代文学館のパネルでご紹介します。

 

②講演「陸羯南と正岡子規」

開催日 平成30年5月19日(土)

講演  午前11時  午後2時

講師  舘田勝弘 【陸羯南会会長】

  子規庵への入場者対象(講演入場料はありません)

 

③朗読『飯待つ間』

開催日 平成30年5月25日(金) 時間  随時

子規の随筆集『飯待つ間』から、子規庵保存会の役員による朗読をお届けいたします。

作品や時間はお客様次第の緩やかな朗読会です。ご希望があれば、お客様の朗読参加も考えます。一緒に子規の世界に浸りたい方、お待ちしております。

 

④小さなシンポジウム「律と子規」

 ~子規家族の介護から考える現在の介護事情~

開催日 平成30年5月26日(土)午後2時

主催  NPO法人シンプルライフ&ケアカウンシル

子規庵への入場者対象(シンポジウム入場料はありません)

 

【有料イベント】

①「若葉の子規庵 Duo Concert」

 ~バンドネオンとピアノによる美しい5月の調べ~

開催日 平成30年5月12日(土)

開場 12:15    開演 12:30

出演 渡辺公章【バンドネオン】小林萌里【ピアノ】

入場料 予約 2,500円  当日 3,000円

 

②「第26回子規庵糸瓜寄席」

開催日 平成30年5月12日(土)

開場 17:00    開演 17:30

出演 柳家はん治 林家たこ平

木戸銭 2,000円

 

③「第2回 根岸糸瓜座」

活弁と紙芝居 ~山城秀之ひとりのビックショー~

開催日 平成30年5月19日(土)

開場 17:30    開演 18:00

出演 山城秀之【活動写真弁士・紙芝居屋】

会費 1,500円

 

ご予約・お問合せ 03-3876-8218 又はこちらからどうぞ。

爽やかな若葉の季節の子規庵に、是非お出かけください。

2018年04月04日

「若葉の子規庵」第2弾イベントのお知らせ

「若葉の子規庵」の第2弾イベントが決定しました。

 「陸羯南と正岡子規」パネル展 (青森県近代文学館)

 期間 5月2日(水)~ 5月31日(木)

子規庵常設展示室に青森県近代文学館の製作した企画展パネルを掲示いたします。

子規が亡くなるまで生活と人生を支えた「新聞日本」社主の陸羯南。

羯南の仁愛の心に応えて近代文学の革新を行った子規の交流を、羯南の故郷青森から届けられたパネルでご紹介します。

更に!

 講演 「陸羯南と正岡子規」

 日程  5月19日(土) 全2回(各30分)

     午前 11時   午後 14時

 講師  舘田 勝弘氏 (陸羯南会会長)

 ※入庵料以外の講演入場料・ご予約は必要ありません。一般公開時間中の講演となります。

(予約制ではありませんので、当日の混み具合によっては入場を制限させて頂く場合があります。)

2018年04月04日

5月12日 公開時間変更のお知らせ

5月の「若葉の子規庵」開催にあたり、下記について子規庵公開時間を変更いたします。

当日ご来庵のご予定の方は、大変恐縮ですがご調整をお願い申し上げます。

5月12日(土)公開時間

午前 10時30分~12時

午後 14時~16時 (通常より1時間遅く開庵となります)

尚、当日12時30分からピアノとバンドネオンによる演奏会を開催します。

子規庵の庭を眺めながら、子規病間からの音楽の調べをお楽しみいただけます。

ご予約お待ちしております。

2018年03月13日

子規庵糸瓜寄席のご案内

若葉の季節、子規庵糸瓜寄席を開催します。

今回は古典落語の大ネタと新作落語も評判の高い柳家はん治師匠を迎えます。

さて、糸瓜寄席での高座は果たして古典か新作か。

当日迄演目がわからないのも糸瓜寄席のお楽しみです。

是非、期待してお出かけ下さい。

糸瓜寄席

開催日  :  平成30年5月12日(土)

開場 :  17時00分

開演 :  17時30分

出演者  :  柳家はん治       林家たこ平

木戸銭  :  2000円

ご予約・お問合せ

子規庵 電話・FAX   03-3876-8218

又はこちらからどうぞ。

2018年03月13日

「若葉の子規庵」第1弾のお知らせ

新規企画「若葉の子規庵」のイベント第1弾が決定しました。

バンドネオンとピアノのDuo Concertを子規庵でお楽しみください。

「若葉の子規庵」Duo Concert

バンドネオンとピアノによる美しい5月の調べ

日時:平成30年5月12日(土)

開場 12:15  開演12:30

出演:渡辺公章【バンドネオン】

小林萌里【ピアノ】

入場料:予約 2,500円   当日3,000円

ご予約・お問合せ

・子規庵 電話・FAX  03-3876-8218

又はこちらからお申し込みください。

・小林   gurimoeri@gmail.com

出演者プロフィール

 

2018年03月08日

5月「若葉の子規庵」開催のお知らせ

子規の妹律が初代会長として設立した財団法人子規庵保存会は、今年90周年を迎えます。

90周年を記念し、「若葉の子規庵」と題し、毎年5月に子規所縁の人達をテーマに行ってきたパネル企画展を、イベント月間にリニューアルします。

現在、色々な企画を準備中です。

風薫る5月の子規庵にご期待ください。

2018年01月06日

台東区「文化探訪」に子規庵のサイトができました。 

この一月一日より、台東区が製作した台東区文化ガイドブック 文化探訪 「台東区ゆかりの巨匠たち」第3弾として「子規庵」が公開されました。子規や子規庵の説明、子規庵の様子などもご覧いただけます。

台東区のホームページから文化探訪で検索いただくか、下記をクリックしてご覧ください。

   台東区文化ガイドブック 文化探訪 子規庵


リンク

創業320年

笹乃雪

     創業320年の豆富料理

文政二年創業

羽二重団子

       「吾輩は猫である」

こごめ大福

竹隆庵 岡埜

     根岸に息づく伝統和菓子

お花屋

根岸 花ふじ

    根岸で三代続くお花の専門店

土・日・水

ねぎし三平堂

     初代林家三平師匠記念館

カレンダー

交通案内

子規庵

笹乃雪

羽二重団子

竹隆庵 岡埜

根岸 花ふじ

ねぎし三平堂

  • 子規庵マーク

    子規庵

    鶯谷駅( JR山手線 / 京浜東北線)

    鶯谷駅北口から徒歩5分。明治の俳人・ジャーナリスト正岡子規が約8年住んだ終焉の地。東京都史跡指定。昭和25年に再建された建物ですが、一歩庵に入れば子規の世界が広がります。四季折々の小園と、糸瓜の棚にぶら下がる糸瓜の青さに、子規の創作世界に思いを馳せてください。

  • 笹乃雪マーク

    笹乃雪

    鶯谷駅( JR山手線 / 京浜東北線)

    鶯谷駅北口から徒歩2分。 武蔵野水脈の井戸水を使い、赤穂浪士、正岡子規にも供された当時の製法そのままの伝統の豆富料理が頂けます。コース料理だけではなく、お豆富と焼き鳥とビールで一杯もお座敷で楽しめます。  

  • 羽二重団子マーク

    羽二重団子

    日暮里駅( JR京浜東北線 / 常磐線)

    日暮里駅南口より徒歩4分。 もうすぐ創業200年。正岡子規、夏目漱石、泉鏡花、田山花袋、司馬遼太郎等数々の作品に出てくる芋坂の団子。きめ細かく羽二重のようと賞された菓名が商号となりました。

  • 竹隆庵 岡埜マーク

    竹隆庵 岡埜

    鶯谷駅 (JR山手線/京浜東北線) 入谷駅(メトロ日比谷線)

    JR鶯谷駅、地下鉄日比谷線入谷駅より徒歩7分。 江戸時代の呉竹の里から明治の文人墨客の住む根岸を語り継ぐ、伝統和菓子、新作和菓子のお店。 江戸百景に描かれた名勝お行の松がすぐ近くにあります。古き根岸の名残を残す柳通りも楽しめます。

  • 根岸 花ふじマーク

    根岸 花ふじ

    鶯谷駅(JR山手線/京浜東北線)

    鶯谷駅北口より徒歩3分。 フラワーアレンジメント全国大会の入賞者を何人も輩出しているお店です。一緒に毎年7月1日から「子規の朝顔」イベントで、根岸からの変化朝顔を発信しています。子規庵の床の間のお花も提供して頂いています。  

  • ねぎし三平堂マーク

    ねぎし三平堂

    鶯谷駅(JR山手線/京浜東北線)

    鶯谷駅北口より徒歩5分。 昭和の爆笑王林家三平師匠の記念館。故三平師匠の衣装やネタ帳等、沢山の思い出の品々がご覧になれます。毎月第三土曜日には落語会も開催されています。 「どうもすみません、日曜日も開堂しております」 土・日・水曜日が開堂日です。