イベント募集

講演「陸羯南と正岡子規」

5月19日(土)

「若葉の子規庵」イベント第2弾は、子規がなくなるまで生活と執筆活動を支えた新聞日本社長陸羯南の

パネル展示と公演です。

パネルは陸羯南の故の青森県近代文学館と陸羯南研究会の提供により、5月中常設展示室にて展示を行っています。

公演は、青森県で活動をされている陸羯南会の舘田勝弘会長を講師に迎え、午前と午後の2回行いました。

たくさんのお客様の前で、熱の入った舘田会長の羯南と子規の話に、お客様からも「面白かった」「よくわかった」との感想を頂きました。

午前の部には、陸羯南の曾孫さん2名もご参加いただき、保存会と陸家の交流の場ともなりました。

子規庵としても、子規の面倒を見てくれた陸羯南だけではなく、49歳で亡くなるのまでのジャーナリスト陸羯南の業績や人物にも今後はスポットをあてて行けるよう努力してまいります。